2011年09月15日

秋葉原のラブホ|湯島御苑

たまたま秋葉原に行ったので、レポートを書きます。
ディナー・飲みの後でホテルに行こうと思ったら、
秋葉原はワシントンホテルくらいしかない。高い。
そもそもラブホじゃないし。。。


きっと私と同じような人、いるんじゃないかな。
UDXとかはデートとかも全然出来ちゃうわけだし。


さて、今回私はそこでめげずに湯島へ歩きました。
女の子の酔いが冷めてしまうのではないかとヒヤヒヤしながら
元いたUDXからてくてく末広町へ向かい、
そこの交差点を左に曲がってしばらく歩きました。
角のコンビニを右に曲がり、裏に入ればそこはラブホ街。
「街」というほど大層なものではありませんが。。。


で、ネットで調べた「湯島御苑」にレッツゴー。
平日にしてはけっこう埋まっていたので、ステイで9300円。
詳しい料金設定などはコチラでどーぞ。


さて、ここから室内情報。あくまで利用した部屋限定。(5段階)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
綺麗さ  ☆☆☆☆☆(いい感じの内装でした)
サービス ☆☆☆  (受付の人とがっつり顔を合わせる)
お風呂  ☆☆   (都心にしては快適だが、、、)
場所   ☆☆☆  (少し駅から遠い気がする)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

室内は「宿場」と謳っているだけあって、旅館の1室みたい。
ベッドの周りは床が1段高くなっていて、畳になっていました。
ただ、お風呂は昔ながらのタイル張りになっていて、少し古くさい。
浴槽だけは綺麗になっていて、もちろん自動でお湯を貯められたし、
そこそこな広さもあって快適に使えました。


サービス面では、一通りのアメニティが揃っていて、
ジェルが見当たらないこと以外は特に不満無し。。。
フロントに言えば貸してくれるのか、未確認です。
VODが見られて、AVに関しては気合いが入っていました。
お笑いとかは数本しかないのに、AVは90本前後見られます。


ソファが無かったことは気になりましたが、
渋谷とかだとハンガーが2本しかない店が多い中、
ハンガーが4本あったことはかなり好印象でした。


あと、1.5リットルの飲料水が自由に飲めたのは助かりました。
駅から少し離れているので秋葉原から行く際は
タクシーを使った方が女性が疲れないかもしれません。
でも雰囲気は良くてゆっくり出来るので、また使いたいと思います。
posted by Jsky at 09:00| Comment(0) | 秋葉原周辺のラブホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。